【白髪が目立たない】40代以上の大人女性にオススメなハイライトとは?
こんにちは、横浜で30代、40代以上の大人な髪型と乾かすだけで決まるお手入れが簡単な再現性が高いショート・ボブ・メンズカットが大得意です。お客様の事を考えて髪質、クセ毛を生かしたカットも得意なカトウタカシ@takashi2025
今回の記事はハイライトというカラーの技法の説明です。ハイライトの入れ方や髪質の状態で見え方が違ってきたりしますし、白髪で悩んでる40代以上の大人女性にも白髪が目立たなくなるのでオススメでもあります。
またハイライトを入れるメリットやデメリットについても紹介いたします。

40代以上の大人女性にオススメなハイライトとは?

極細ハイライト 白髪が目立たない

ボブに細かなハイライトでワンランク上のヘアカラーを楽しめます

40代以上の大人女性にオススメなハイライトが上の写真です。
ボブにブリーチで極細にハイライトをいれて、その上にオンカラーをアッシュグレージュをのせました。
ボブに極細のハイライトを入れる事で上品で立体感と艶感のある都会的なイメージをつけることが出来ます。
髪をかき上げたり、動かしたりする事でハイライトの光と影が表情を変えてくれるので楽しめます。
ボブの様な段差の少ない髪型に入れると艶感がさらにUPするのでオススメです。

ハイライトを入れると白髪が目立ちにくくなる?

40代以上の大人女性にオススメなハイライトを入れる事で白髪が目立ちにくく出来ます。

ブリーチを使用するハイライトは印象が太く入れると強かったり、派手になるイメージがありますが、極細にいれたりすると白髪が目立ちにくかったりツヤと立体感ある髪型にする事が出来ます

ヘアスタイルに極細ハイライトを入れる事で白髪と黒髪の境目をぼかしてくれるので白髪が目立ちにくくなります。

それ以外にもハイライトを入れるメリット、デメリットがあるのでお伝えします。

ハイライトをメリットは?

  • 40代以上の大人女性にオススメなハイライトを入れる一番のメリットは髪が暗くならず明るい髪色を楽しめるという事です。

白髪染めをする事で、明るい髪型を楽しむことがどうしても出来ませんでした。染める目的が白髪を隠すという事になってしまうからです。ハイライトを入れる事でヘアカラーを楽しみながら白髪の目立ちにくくすることが出来ます。

  • いつもの白髪染めより白髪を染める間隔が長くても気になりにくい。

白髪染めは位トーンのカラーを使用することが多いです。トーンでいうと5~7トーンです。

これだと白髪と白髪染めの色の差がすぐに気になってしまいます。それは白と黒(濃い茶色)なので明度の差が大きいからです。

3週間位すると根元との境目が気になりやすいです。

上の写真はハイライトを入れる前の写真です。根元の方が白く、毛先が暗くいので差が気になってしまいます。

白髪染めしない ハイライト

上の写真はハイライトを入れてその上に明るめのカラーをのせてハイライトをなじませました。根元が暗くない様に染めて境目が付かない事と、毛先のハイライトが白髪が目立ちにくい錯覚を利用してます。4週間~5週間くらいは白髪が気になりにくくなります。

  • 40代以上の大人女性にオススメなハイライトを入れる事で立体感とオシャレに暗い色味ではなくカラーを楽しめます。

ハイライトは毎回カラーする時に入れるのではなく、3~4カ月に一度入れるだけ伸びた部分の根元に入れます。前回入れたハイライトの根元部分だけ入れてきます。染める頻度が少し減るので経済的でもあります。

繰り返しハイライトをすることで白髪が目立ちにくく楽しめます。

ハイライトのデメリットは?

40代以上の大人女性にオススメなハイライトを入れるのにデメリットはブリーチを使う事です。

明度差を作るために明るくするには、ブリーチが必要です。ブリーチは脱色力が強いので髪への負担があります。

最近ではケアブリーチという以前のブリーチよりダメージが限りなく少ないブリーチ剤もありますので安心です。

ですがこんな方にはハイライトはオススメできません。

縮毛矯正をされてる方

ブリーチを使うとダメージが蓄積されてその後の縮毛矯正が難しくなります。

パーマとカラーを併用されてる方

パーマを定期的にされる方は縮毛矯正にハイライトをするよりかはダメージは少ないですが、少し髪への負担が気になります。

ハイライトやブリーチをされる場合は髪へダメージも考慮されるのも良いかもしれません。

ブリーチをしてるので色落ちしたときに黄ばみが出る事がある。

褪色すると色味が落ちてきます。ムラサキシャンプーやカラーシャンプなどで使用して色素を補ってあげると色もちを楽しめるのでオススメです。

下記の商品はAmazonでも販売してるようですが、髪質やハイライト、ブリーチの色抜け具合に合わせてカラーシャンプーとカラートリートメントは合わせて使用した方が良いです。ムラサキシャンプー&トリートメントは色がムラサキになるというよりは黄色味を抑えるのにとても有効なアイテムです。

通常のカラタスシャンプーの黄ばみなどを抑える効果に加え、ヒートケア効果の期待できるシャンプー。ホワイトジャスミンの香りです。シャンプー、トリートメントをともに使う事でより効果を感じやすくなります。

 

 

くせ毛の髪質にもハイライトは効果的です

くせ毛を生かした髪型 ハイライト

 

40代以上の大人女性にオススメなハイライトをくせ毛の髪質の方に入れた状態が上の写真はくせ毛を生かしたボブにハイライトを入れて白髪を目立たなくしました。

くせ毛のカールやウェーブにハイライトが入る事でウェーブヘアが立体的に見えてきてスタイルが可愛く引き立ち、白髪も目立ちにくくなります。

白髪にある黄色みを消してより上質なグレイヘアに

グレイヘアにローライトをいれて黄ばみ消しと立体感を作る デザインカラー

白髪(グレイヘア)をデザインします。

グレイヘア デザインカラー 白髪を生かす。

より綺麗なグレーヘアに 面色は髪型にメリハリがなくぼやけます。あえて色むらを作ることで立体感が生まれます。

40代以上の大人女性にオススメなハイライトを入れるデザインカラーの応用ですが、グレイヘアを更に上品に引き立てる事が出来ます。上の写真はグレイヘアにグレーパールという色をローライトとして入れてます。

上の写真はグレイヘアにローライトを入れる前の状態です。綺麗なグレイヘアですが、本人的には動きがわかりにくくて、黄ばみが少しあるのが気になるそうです。

襟足に黒い毛が少しあるので、襟足だけグレーのように感じてしまいます。

また白髪100%の様にすべてが同じ色味だと距離感がつかめにくくなり、ぼやけて立体感が分かりにくくなります。それを面色とも言います。

全体的にグレー感をプラスする事で一体感と力強さを感じる様になり、ヘアデザインを抑揚をつけてくれます。

グレイヘアをハイライト(ローライト)でデザインカラーするとお白髪もより楽しめて、ヘアスタイルも引き締まります。

まとめ

30代以上の大人女性にオススメなハイライトを入れる事で、ヘアスタイルのデザイン性が大きく変わります。

白髪も隠すというより、白髪の明るさを生かすという事が出来ます。

またグレイヘアを更に楽しみながら自分らしくする事も可能です。白髪を染めるというネガティブをご自分でより楽しめるヘアカラーにする事も良いかもしれません。

ハイライトカラーにご興味ある方は気軽にご相談ください。

※6トーン以下の真っ黒に白髪染めされてる場合はハイライトを入れるのが難しい場合がありますので、事前にLINEなどでご相談ください。

 

 

記事を最後まで読んでくださって、ありがとうございます! ↓のLINE@で友達登録していただければ、新着記事や最新情報を無料でお届けいたします。 初めてご予約をお考えの方の髪型、髪質のお悩みのご相談もお受けします✨

友だち追加
おすすめの記事