コテ巻が面倒なら【コテ巻き風デジタルパーマ】がオススメ!

こんにちは、横浜で30代以上の大人な髪型と乾かすだけで決まるお手入れが簡単な再現性が高いショート・ボブ・メンズカットが大得意です。お客様の事を考えて髪質、くせ毛を生かしたカットも得意なカトウタカシです@takashi2025

最近、ヘアカタログなどを見ててもコテで巻いた髪型が多いかと思います。とても可愛いのですが、毎朝10分~20分かけてコテ巻きするのはちょっと面倒だし、痛みが気になります。朝の貴重な10分を短縮するために【コテ巻き風デジタルパーマ】がオススメです。

今回ご来店して頂いたお客様はブログをご覧になって、【コテ巻き風デジタルパーマ】をされて好評いただきましたのでご紹介いたします。

コテ巻き風デジタルパーマとは

この動画は【コテ巻き風デジタルパーマ】をかける前とかけた後の動画です。

乾かすだけでふんわりした、動きのある髪質になりコテで巻いたような可愛いスタイルになります。お手入れが楽で特別スタイリングが必要ではなくスタイリング剤のムースなどを付けるだけで仕上がります。

ゆえに、【コテ巻き風デジタルパーマ】という名前で呼んでます。

縮毛矯正は髪の毛を薬剤と高温のアイロンでまっすぐに矯正し、くせ毛を伸ばしてストレートにしますが、逆の発想でデジタルパーマは薬剤と中温~高温のロッドで巻き【60度前後】形状記憶させて髪にカールを作ります。

通常のパーマより熱と薬剤の塗り分けが出来るのでカールが長持ちします。

では、【コテ巻き風デジタルパーマ】が向いてる方はどんな髪質の方でしょうか?

コテ巻き風デジタルパーマの向いてる髪質は?

今回のお客様の髪質は元々くせ毛があり、毛量もボリュームもあって広がりやすい髪質です。

上の写真は【コテ巻き風デジタルパーマ】を前の状態です。4か月程何もされたない状態でボリュームとくせ毛の広がりが気になります。

【コテ巻き風デジタルパーマ】の向いてる髪質や当てはまる方は

  • 普通~硬めの髪質
  • 大きめのカールヘアにしたい。
  • スタイリングが面倒なので楽にしたい。
  • 直毛で動きが出しにくい方
  • 緩いくせ毛をもっと扱いやすくしたい。

など扱いやすくするだけでなく、髪質に対してのコンプレックスも解消できます。

今回のお客様の様に毛先だけにくせ毛があると中間部分が動きが悪くハネる様になってしまいます。

カットも重要で下のセクションだけボリュームがたまると野暮ったい印象になってしまいます。スタイリングも扱いにくく、顔周りが寂しい印象になってしまいます。

カットで毛量を軽くするだけではなく、上の方から【レイヤー】段差をつける事で中間部分から動きがでてカールも出しやすくなりシルエットのバランスが良くなります。

デジタルパーマの工程は?

【コテ巻き風デジタルパーマ】の施術工程は

  1. デザインカット(パーマが出しやすい様にパーマ用にカットします)
  2. 薬剤を塗布する(ダメージによっては塗り分けたり前処理剤を使用します。)←ここが通常のパーマと違い先に薬剤をつけて髪質に合わせて塗り分ける事ができます。
  3. 薬剤を流してワインディング(求めるカールデザインにあわせてワインディングをします)
  4. ロッドを加温します。使用するのが下の写真の機械です(UFOの様な形の機械が、髪質や太さ、ダメージなどを考慮して温度と時間を調節してロッドを温め形状記憶します。)
  5. 10分ほど加温しておいてから2剤をつけて流します。
  6. そのままトリートメントで栄養分など補給し質感をアップさせて仕上げです。

【コテ巻き風デジタルパーマ】の仕上がりは?

今回ご来店されたお客様の【コテ巻き風デジタルパーマ】の仕上がりは?

 

上の写真の様に、くせ毛風の様なパーマデザインです。コテやブラシなどは一切使用してません。乾かすだけで再現しやすくて、スタイリングが面倒な方にはとてもオススメなヘアデザインです。

【コテ巻き風デジタルパーマ】は薬剤知識とカットデザインの構成が理解できてないと、難しい技術とも言われてます。

髪質なども理解できてないと過度にかかりすぎやダメージになることもあります。

どのくらい長持ちするの?

【コテ巻き風デジタルパーマ】は通常のパーマとくらべて長くもちます。通常のパーマが1~2カ月程カールがもつといわれてますが、デジタルパーマは4カ月ほどカールがたもつといわれてます。

下の写真は他のお客様で直毛で髪質も硬くてパーマもかかりにくくすぐに取れてしまうのがお悩みの方です。

実際に【コテ巻き風デジタルパーマ】をかけさせていただきました。

下の写真は【コテ巻き風デジタルパーマ】かけた直後の写真です。

全体的にカールがでてふんわりと柔らかい髪型になりました。スタイリングも乾かしてスタイリング剤をつけただけです。

上の写真は【コテ巻き風デジタルパーマ】をかけてから2か月後の写真です。

かけてから2カ月程すると重くなるのでカットで調節するとカールが戻ります。

今回はムースでスタイリングをしてますが、しっかりカールが残ってます。あと2カ月程は楽しめます。

デメリットはあるの?

【コテ巻き風デジタルパーマ】のデメリットは

  • 細かいカールはかけられない
  • ハイダメージには向いてない(過度にブリーチや縮毛矯正されてる方はダメージでチリ付くことも)カウンセリング時に過去の施術履歴は必ずお伝えして頂いた方が安心です。
  • 施術時間が少し長い2.5~3時間かかることもあります。通常のパーマより浸透率を高め形状記憶させ、ダメージケアも考えて施術しますのでお時間が少し長くかかります。
  • カールが大きめなのでショートヘアよりボブからロングヘア向き ショートヘアの場合はトップなどのデザイン部分にかけます。

乾かし方とスタイリングは?

【コテ巻き風デジタルパーマ】はコテで巻かない分、乾かし方がとても重要になります。

よくお客様がやってしまうのが、『カールをくるくるねじって乾かす』という事をされますがこれをするとねじってる時に髪を引っ張てしまいカールを伸ばしてしまう事があります。

お風呂から上がったらそのまま自然に髪の毛が落ちる位置(放射状)にとかして乾かします。

根元(内側)が乾きにくいので先に中を乾かして引っ張らずにそのまま乾かすと再現性が高まります。

スタイリングは油分が少なめなワックスかフォーム、ムースがオススメです。

硬め過ぎずムースを使う事で簡単にスタイリングが出来ます。

またコテで巻き足して自分なりにアレンジされるのも楽しみの一つです。

かけるのに値段はいくらかかるの?

【コテ巻き風デジタルパーマ】は通常のパーマより工程が複雑ですし、知識と経験が必要です。

カットデザインが必須なヘアデザインにもなりますのでカットも合わせて施術させていただきます。

通常カット×デジタルパーマ¥17000でご案内させていただいてます。

期間限定 ご新規様カット×デジタルパーマ¥14000でご案内させていただいてます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?【コテ巻き風デジタルパーマ】は通常パーマよりも長持ちして扱いやすくメリットが多いです。

一度かけてをおくと、コテで巻いたりせずに長らく髪型を楽しめます。

オススメなレングスの長さはボブからミディアム、セミロングがおすすめです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ご予約ご相談はLINEやお問い合わせからお待ちしております。

 

 

記事を最後まで読んでくださって、ありがとうございます! ↓のLINE@で友達登録していただければ、新着記事や最新情報を無料でお届けいたします。 初めてご予約をお考えの方の髪型、髪質のお悩みのご相談もお受けします✨

友だち追加
おすすめの記事