ロングからボブ切って髪型を変えて後悔しないために3つの決まりとは?

こんにちは、横浜で30代、40代以上の大人な髪型と乾かすだけで決まるお手入れが簡単な再現性が高いショート・ボブ・メンズカットが大得意です。お客様の事を考えて髪質、クセ毛を活かしたカットも得意なカトウタカシです@takashi2025
頭皮やカラーアレルギーを考えた。安心なノンジアミンカラーで明るめな白髪染めやヘアカラーも出来ます。

先日、間も無くご出産予定のお客様がロングからバッサリと大人可愛いボブにカットされたいと要望がありカットしました。ロングからボブにカットすると乾かすのに時間がかからず楽にスタイリングも出来て、今までとイメージが180度変わり気分転換が出来ます。

しかし、少々不安もありますよね?自分に似合うのかとか、スタイリング出来るのかとかその辺の不安要素の解決方法としてご紹介します。

ロングからボブに切りたい時の心境は?

上の動画はロングからボブに切って髪型を変えた動画です。

このくらい思い切って切るのは、イメージが変わって楽しい気持ちが半分と不安な気持ちが半分ありますよね?

どうゆう時にバッサリと切ってロングからボブに髪型を変えたいでしょうか?

長い髪型に飽きた時

ロングからボブに髪型を変えたい時の理由でいつもロングでイメージが変わらず飽きてしまってる時です。

美容院にいって来ても周りの人から変化に気づかれない事があります。

今の髪型を維持してたり、髪型の変化を求めてない場合はメンテナンスカットで現状の必要ない所と毛先のダメージ部分を切ることはとても重要です。形を変えないで同じ髪型に切り続ける事も実は難しいことです。

定期的に訪れるレストランで料理を提供されて味がいつもと違うとちょっと違和感を感じる感覚に似てます。

いつもと同じで満足してても、たまには洋食から和食とたまには違う方向性のご飯を食べたくなりますよね?

毛先の髪が痛んでしまった時

ロングからボブに髪型を変えたい時の理由で切りたく思ってしまう時は毛先のダメージがひどく成ってしまったとき。

ロングヘアはダメージが蓄積されてきます。しっかりトリートメントなどされてても毎日のアイロン、ブロー、摩擦による毛先の擦れで徐々に痛んでしまいます。

カラーブームなどでハイトーンにされてた方は特に悩みが深刻な方もいらっしゃいます。

一度痛んだ部分は、補修は出来ても修復はしません。過度にダメージが進んだ場合ある程度カットされた方がお勧めです。

出産前など今より早く楽にお手入れしたい時

ロングからボブに髪型を変えたい時の理由はご出産や長期で髪のお手入れができない時にバッサリ切られる方が多いです。

乾かす時間、シャンプーの時間短縮、トリートメント剤の消費量が減る、などメリットが多いです。

ロングからボブに髪型を変える時、後悔しないために切る前になりたいイメージを持ちましょう。

ロングからボブに髪型を変える時に後悔しないためにはご自分でどのくらいの長さが好ましいのかイメージを持ちましょう。

以前ショートヘアやボブにされたことのある方は自分である程度、どの位の長さが似合うかイメージをお持ちだと思います。

ショートヘア、ボブにされたことが無い方もなりたいイメージの写真を何枚か候補を用意されるのがお勧めです。

写真でイメージを持つことが重要です。イメージが無いとあやふやで自分にイメージがつかないと思います。

ロングからボブに髪型を変える時、後悔しないために美容師とビジュアル(写真)を共有しよう

ロングからボブに髪型を変える時、後悔しないために自分がイメージしたビジュアル(写真)を担当美容師さんと共有しましょう。

自分で思ってる長さを口頭で説明しても、切る側には100%伝えきれません。人間は9割の情報を目で入手します。

口頭で『顎位のボブ』といっても、髪質、毛量などの関係で切った時より短くなってしまう事もあります。

ビジュアル(写真)で美容師さんとこのくらいの形で希望してる事をしっかりイメージ共有しましょう。

100%写真のモデルさんとお顔立ちや髪質が違うので同じになるわけではありませんが、形を共有することが大切です。

ロングからボブに髪型を変える時、後悔しないために、まずは長さは肩から顎下の長さでボブにする事。

ロングからボブに髪型を変える時、後悔しないためにおすすめな長さは顎下2~3センチ以下から肩までの長さがお勧めです。

下の写真は顎ラインのボブです。

顎ラインのボブ

下の写真は肩上のボブです。

肩上のボブ

同じボブでも長さで印象が変わります。上の写真は短めな顎ライン位のボブは可愛くキュートよりで丸顔に

下の写真は肩上のボブは落ち着いた少しクールなイメージで縦長なイメージになります。

日本人の骨格からすこし縦長のシルエットの方が合わせしやすいと思います。

顎より短くすると、輪郭が出てしまいます。ここがロングからボブに髪型を変えて後悔してしまったポイントです。

輪郭がカバーされる顎下から肩上のボブが一番輪郭が出すぎないでバッサリ切ったり久々に短くする方には安心です。(ご自分でショートヘアにされてた方やイメージがある方はもっと短くてもいいと思います)

顎下2~3センチ以下から肩までの長さはお手入れが楽で、基本乾かすだけでスタイリングがきまります。ニュアンスで毛先だけアイロンでニュアンスをつけるとより可愛いです。

不安な方はまずは、肩上で一度切ってもらいイメージをつけると安心です。

実際にロングからボブにカットしてみました。切る前は?

ロングからボブに髪型を変える時、後悔しないためにわかりやすいように切る前の状態をお見せします。

お客様のレングスは鎖骨下10㎝位のロングヘアで毛先はデジパーとカラーの履歴で少しダメージが気になります。

毛量が多く乾かすのに時間がかかるとの事です。もうすぐ、ご出産という事なの時短できて楽にスタイリング出来てお手入れが楽なボブにチェンジしたいとご要望です。

実際にロングからボブにカットしてみました。切った後は?

ロングからボブに髪型を変える時、後悔しないためにわかりやすいように切った後の写真です。

肩上と顎下の中間のボブ

下の写真はサイドからです。

肩上と顎下の中間のボブサイド

お客様の髪質は直毛でまっすぐ落ちてしまう髪質です。以前かけたデジパーの名残があるので、カールが出にくい所だけコテでワンカール入れて仕上げました。

直毛の方の場合はワンカール程のパーマでくせをつけてあげるのもおススメです。

肩上と顎下の中間のボブ 耳掛け

もみ上げの毛を耳にかけてあげる事でショートヘアのニュアンスがでます。耳にかける事で次はショートヘアにしてみようかななどのイメージがつきやすくなるかと思います。

まとめ

いかがでしたか?ロングからボブに髪型を変える時、後悔しないために三つの考えを持っていただくと安心度が増します。

『自分での髪型のイメージ』『美容師さんとのビジュアル(共有)』『ボブにするときは肩から顎下2~3センチ以下』

ボブスタイルはきっと普段よりやりやすく、周りの方からも変化に気付いてくれてイメージが変わります。

ボブスタイルにしようかお悩みな方はご相談ください。

記事を最後まで読んでくださって、ありがとうございます! ↓のLINE@で友達登録していただければ、新着記事や最新情報を無料でお届けいたします。 初めてご予約をお考えの方の髪型、髪質のお悩みのご相談もお受けします✨

友だち追加
おすすめの記事