アゴラインのボブ

加藤隆史 ミニマムボブ

こんにちは、横浜で30代、40代以上の大人な髪型と乾かすだけで決まるお手入れが簡単な再現性が高いショート・ボブ・メンズカットが大得意です。お客様の事を考えて髪質、クセ毛を活かしたカットも得意なカトウタカシ@takashi2025です。
頭皮やカラーアレルギーを考えた。安心なノンジアミンカラーで明るめな白髪染めやヘアカラーも出来ます。

先日、いつもしばれる位の長めボブにされてる方がラインのミニボブにカットさせていただいて好評だったので長めボブから顎ラインに切った写真を元に記事にしました。しばれる長さにするか迷ってる方も多いかと思いますのでご紹介いたします。

ボブに切る時、一番選ばれる長さは?

長めボブが一番多いと思います。

長めボブが選ばれる理由は?

長めボブが選ばれる理由は肩にかかるギリギリの長さで、結べたり、扱いやすいのとコテでのアレンジが効かせやすい事が理由。

お顔の輪郭もカバーできて、長めボブは安定感もありますよね。

長めボブは世代を問わず10代から50代以上と幅広い世代に愛されるスタイルですが、ボブの長さによってはイメージでもまた変わってきます。

 

先日のお客さまも肩レングスのボブだったのですが、髪質などのbeforeをまとめてみました。

before

切る前のボブ

髪質データ

毛量 多毛
髪質 硬め
クセ 直毛

切る前にこのように、髪質やカウンセリングなどで色々見たり聞かせてもらったりします。髪質を考えカットします。

ボブは直毛やクセの少ない方にも向いてます。段差をつけないのでツヤがでて、面があるという質感のスタイル。

普段のお手入れ方法にもよるかと思いますが、乾かすだけなのか、コテを使うのか?アドバイスや提案も変わってきます。

お客様がやってみたいイメージ写真やレングスがあるとより良いです。

イメージが共有できるのでお客様と美容師の感覚のズレを減らせらます。

カット後の仕上がり

 

after

アゴラインのボブ。顎まで長さがあるのでお顔を出し過ぎず、安心感もあります。毛量が多い方なので不要な量感もしっかり取ってあげる事も重要です。

耳にかけたりすると少し肌も透けて見え、ミニマム感のあるボブでとっても可愛いです。

お客様はお手入れとして乾かすのみで、コテは使用しないとの事なので

乾かすだけで決まるボブスタイルに仕上げました。ハンドブローで写真は乾かしただけです。

まとめ

ボブは豊富なレパートリーがありますが、少し踏み込んでもとっても可愛いですし扱いやすいです。髪質によってはパーマなどで内巻きに入りやすくしてみたり、プラスで幅がより広がります。

ミニマムボブは最近オーダーが増えてきてます。扱いやすさもに人気の理由です。

肩レングスが飽きてどうしようかお考えの方は是非ともご相談ください。

記事を最後まで読んでくださって、ありがとうございます! ↓のLINE@で友達登録していただければ、新着記事や最新情報を無料でお届けいたします。 初めてご予約をお考えの方の髪型、髪質のお悩みのご相談もお受けします✨

友だち追加
おすすめの記事