【美容室ジプシーにならない!?】一年間ぶりでも来店していただける理由は?

こんにちは、横浜で30代、40代以上の大人な髪型と乾かすだけで決まる再現性が高いショート・ボブ・メンズカットが大得意です。お客様の事を考えて髪質、クセ毛を活かしたカットも得意なカトウタカシです@takashi2025
頭皮やカラーアレルギーを考えた。安心なノンジアミンカラーで明るめな白髪染めやヘアカラーも出来ます。

GO TODAY SHAiRE SALON(ゴートゥデイシェアサロン)横浜店はフリーランスとして独立した美容師によるマンツーマンのお店です。

今回ご来店されたお客様が一年ぶりにご来店されました。以前は1.5ヶ月~2カ月ほどの周期でご来店されてたのですが

家庭の事情で忙しく来れなくなり、自分で染められながら一年ぶりに自分を求めて来店していただきました。

お客様が美容室ジプシーにならない様、久しぶりでも少し遠くてもまた担当をお願いしやすい環境を作れるように努力しております。そんなことを踏まえてお伝えします。

美容室ジプシーとは?

美容室を転々と迷う方の事を『美容室ジプシー』と呼ばれたりしてます。

ジプシー=放浪者という意味です。美容室(担当美容師)が定まらずに美容室を転々とさまよう方を比喩した表現です。

では何故定まらずに美容室ジプシーしてしまうのでしょうか?

美容室(担当美容師)がきまらない理由は?

美容室ジプシーになってしまう理由は大きく分けて二つですそれは施術料金かご自分のイメージやお悩みを解決してくれる美容師かで決まると思います。

料金の違いとは?

美容室ジプシーをされてしまってる方の多くの理由が施術料金でお店を決められてる事があります。

今回、一般のお客様向けに記事を書いておりますが

美容室の料金体系はピンもあれば切りもありで大幅に違うと思います。

カット料金も1000円カットからニューヨークとかにはなりますが805$(約10万円)する方も存在します。

レストランやお寿司、ステーキ屋さんなど飲食でも値段はピンキリかと思います。

料金の中に組まれてるのが施術料金、サービス料金、材料費、施設設備、接客対応、使用する道具、技術向上への研修費と費やした時間、人件費などが考えられるかと思います。

コストを抑えられるものとは?

美容室ジプシーにならないための基準として料金をあげましたが、施術料金のコストを抑えるためにサービス料金、材料費、施設設備、接客対応、使用する道具、技術向上への研修費と費やした時間、人件費とありますが

人件費と材料費がコストかかりますが、抑える事もできます。

人件費の場合ですと、アシスタントやスタイリストが多く存在し、一人のお客様にかかる時間を短縮することで生産性が上がります。その分で多くのお客様を呼び込むことが出来ますので施術料金も安くすることが出来ます。

その分、担当者は一人一人のお客様のお悩みやニーズを深く引き出す事が難しくなってしまいます。

材料費に関しても、施術料金を安い場合は薬剤の質を下げたり材料の量を少なくしたり節約し施術する事でコストを下げる事ができます。

美容師の違いとは?

お客様を掛け持ちをせずにマンツーマンで接客対応するという事は逆の発想でコストが高くなります。その分お客様のニーズやお悩みをくみやすくなりお客様の安心感につながります。

接客対応や技術向上の研修費などは基本美容師の実費で学ぶことになります。多くの経験値を時間とお金を使って蓄積されてく事が長年美容師を続ける秘訣でもあります。

研修=自己投資で美容師の経験値を高めてより、お客様への還元をしていきます。

研修などは自ら知識と技術を得て成長したいという気持ちが無ければまったく意味がありません。

値段の設定はこの経験値と技術提案などが料金の差だと思ってます。カット料金10万円の美容師さんが美容師に掛けた時間や経験値が少ないとは思えません。情熱をもっているからこの値段なのでかなと思います。

お悩みややってもらい事は何か?

美容室ジプシーにならないためには、自分のお悩みややってもらいたい事に当てはめて選択することが前提に決めれば定着できる美容室(美容師さん)に当てはまるかもしれません。

一年ぶりのカットする前の状態は?

美容室ジプシーになりかけてたお客様でしたが、過去に担当してもらってて安心感から一年ぶりにごらいてんしていただきました。その間カットはせず、セルフカラーでしのいでたそうです。

下の写真はカット前の髪型です。

かなり伸びててる状態。いつも縛ることしかできない状態だったそうで

以前は鎖骨より短い位の長さを維持しておりましたが、肩甲骨よりしたくらいまで延びきってしまってます。

以前の髪型にしたいとの事ですが、一年以上伸びてくるとイメージが付きにくいものですが、担当させていただいてる期間が長いお客様は間が空いてもイメージ共有がしやすいです。

一年ぶりでも来店してみようという理由もここにあります。

一年ぶりにカットしてみた後の状態は?

美容室ジプシーになりかけてたお客様のカット後の状態はミディアムのレイヤースタイル。

くせ毛を生かした扱いやすい様にカットしてます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?美容室ジプシーになってしまう理由と一年ぶりでも行きやすい環境。

お客様の信頼関係、それを築くための経験値と技術力の向上心。それがければ自分自身のお客様に安心していただくことは難しいです。『安いのにハイクオリティ』を求めたくはなりますが、海外のサービスや飲食店などでは難しいのと一緒だと思います。

値段ですべてが違うとも思いませんが、安心や満足を得られるための選択する基準値でもあるのかなと思います。

記事を最後まで読んでくださって、ありがとうございます! ↓のLINE@で友達登録していただければ、新着記事や最新情報を無料でお届けいたします。 初めてご予約をお考えの方の髪型、髪質のお悩みのご相談もお受けします✨

友だち追加
おすすめの記事