【ロングからイメチェンするのにオススメな髪型】長めのボブ(ロブ)がオススメな理由とは?

こんにちは、横浜で30代、40代以上の大人な髪型と乾かすだけで決まるお手入れが簡単な再現性が高いショート・ボブ・メンズカットが大得意です。髪質、クセ毛を活かしたカットも得意なカトウタカシ@takashi2025です。

今回ご来店されたお客様はロングヘアで毛先がブリーチもしていて痛みが気になるのとイメージを変えたいという事でバッサリと切らせていただきました。長めのボブ(ロブ)を提案させていただいて切らせていただきました。

お客様にご好評いただいたのでご紹介いたします。

長めのボブ(ロブ)とはどんな髪型?

長めのボブ(ロブ)とは、髪型の代表的なスタイルの「ボブ」の長めのスタイルの事を指します。

下の写真の髪型が一般的によく耳にする「ボブ」です。

では、長めのボブというとはどのくらいの長さを指すかといいますと、定義はありませんが肩前後の長さが基準だったりします。

下の写真は長めのボブ(ロブ)です。後ろから見て肩より長めでミディアムといえる位の長さです。

メリットは?

長めのボブ(ロブ)のメリットは、中途半端な長さという事です。

何故メリットになるかと言いますと、肩上の長さやショートヘアにするに迷いがあったり、アレンジしやすいというメリットががあります。

ヘアアレンジできる事。

長めのボブ(ロブ)はご自分でコテで巻いたり、ストレートアイロンで内巻きやまっすぐに伸ばしたりしやすい長さが残ります。

ロングヘアからバッサリ切る時に、普段巻いたり、アレンジされてたりしてた方は肩上まで切ってしまうとすこし寂しかったりする事もあります。ロングヘアの楽しみはアレンジできること、ショートヘアやボブはスタイリングが楽で手間がかかりにくいのがメリットです。

ロングヘアとショートヘアやボブのメリットを合わせたハイブリットな髪型とも言えます。

ロングからバッサリ切るのに挑戦しやすい長さ。

長めのボブ(ロブ)にするのは、ロングヘアに飽きた方におすすめな髪型です。

ずっとロんぐヘアで飽きた方。過度にブリーチやパーマ、コテで巻いたりと毛先の痛みが気になる方。

イメージを変えたい方にオススメです。

ロングヘアから久々にイメージを変える時に、肩上の長さに切るのは少し抵抗があります。コテでまけたりアレンジできる長さがあると安心感もあります。

長めのボブ(ロブ)に切る前の長さは?

長めのボブ(ロブ)にする前のお客様の長さは肩下20センチ以上あるロングヘアです。

上の写真がカット前の状態です。ブリーチの履歴もあり毛先の痛みが気になります。

今回のお客様のオーダーはロングヘアに飽きてしまって、毛先の痛みも気になります。いきなりショートやボブにするのは躊躇してしまうけれどもイメージ変えたいとのことなので

ミドルチェンジという感じで肩前後の長さの長めのボブ(ロブ)に切らせていただきました。

肩前後の長さで巻きやすかったり余裕もあり。まとめやすく、アレンジもできるので大人女性から人気でオーダー

が多いスタイルです。

水原希子さんや長谷川潤さんなど、有名モデルさんも多くされてるヘアスタイルでもあります。

長めのボブ(ロブ)にカットした状態は?

長めのボブ(ロブ)にカットしたあと、上の写真はそのままストレートでも艶感があって収まりも良く可愛いですが

仕上げでゆるいウェーブぽくコテでまいてみました。

長めのボブ(ロブ)がふんわりしてスタイルの柔らかさと可愛さがよりアップします。

アレンジでコテ巻きもオススメ。

長めのボブ(ロブ)でそのままストレートな髪型もいいのですが、

毛先を外ハネの緩いウェーブのスタイルはラフで好感度の高い髪型です。

ロングヘアでコテの使い方になれてる方は毛先中心で巻くだけなのでセットしやすいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?長めのボブ(ロブ)がオススメな理由はロングヘアとショートヘアやボブの中間にあることです。

バッサリ切る時のヘアスタイルとしてもおすすめで、ロングヘアからの扱いもしやすいかと思います。

スタイルチェンジすると時は自分でどうスタイリングするか、カールがあった方が良ければ

巻いたり、楽をしたければコテ巻き風パーマもプラスしても良いですね。

長めのボブ(ロブ)に切ってから次に髪型を変化させるとき段差をつけてレイヤースタイルにしてみるのも良いですし。もう少し短くボブやショートにヘアに以降してみても良いですね。

 

 

記事を最後まで読んでくださって、ありがとうございます! ↓のLINE@で友達登録していただければ、新着記事や最新情報を無料でお届けいたします。 初めてご予約をお考えの方の髪型、髪質のお悩みのご相談もお受けします✨

友だち追加
おすすめの記事