【ボブから伸ばしてる方必見】長さを変えずに髪をすく方法とは?

こんにちは、横浜で30代、40代以上の大人な髪型と乾かすだけで決まるお手入れが簡単な再現性が高いショート・ボブ・メンズカットが大得意です。お客様の事を考えて髪質、クセ毛を活かしたカットも得意なカトウタカシ@takashi2025です。
頭皮やカラーアレルギーを考えた。安心なノンジアミンカラーで明るめな白髪染めやヘアカラーも出来ます。

今回のお客様は長さを伸ばしてる途中です。しかし伸ばすだけではやりにくいものでハネたりしますし量が重たいのも気になります。形を整えて、量感も扱いやすくし満足して頂きました。長さを変えずに髪をすく方法を写真でカット前と、カット後でご紹介いたします。

カットすると短くなるの?

長さを変えずに髪をすくにもカットが必要です。でも毛量を多く鋤いた方がいい?

せっかくカットしに来たから何か変えたい?と思いますが、スタイルチェンジの場合はもちろんバッサリ切りますが、

毛先だけ整える事の伸ばす過程で必要です。

なるべく必要な箇所を残して不必要な箇所を切るが大人女性に合うカットです。

毛量を鋤くだけでは形になりません。

長さを変えずに髪をすく前の状態は?

長さを変えずに髪をすく前の状態は、二か月程形が崩れて扱いにくい状態です。

伸びてきてまとまりにくい状態のボブ

髪を伸ばし途中で扱いやすくカットします。

しばれる位まで伸ばしてきたいとの事なのですが、ボブから伸ばす途中経過でも扱いやすい方が良いです。

整えるという事

長さを変えずに髪をすくということは今の現状より、伸ばしやすく扱いやすい状態を望んでます。スタイリングしやすいようにカットすることも必要です。

伸ばしてく最中であれば、切りすぎない事と内側の毛量を軽くすることが大切です。

毛量を軽くしすぎたりすると長さも短くなり扱いにくくなります。伸ばしてる時に短くなっては伸ばすのに時間がかかってしまいます。

伸びてまとまりにくい所の1センチ以内の箇所を切る事でまとめやすくなります。

髪の毛の毛量が溜まる部分を軽くします。

長さを変えずに髪をすく後の状態は?

伸ばし途中のボブ

切る前とそんなに見た目はそんなに変わらないですが内に入り扱いやすくなったボブに

長さを変えずに髪をすいた状態は切る前と形こそ変わらないですが、切る前は跳ねて収まりがよくない状態でした。ぼんのくぼやはちまわりに毛量が溜まり扱いにくかったのがお悩みです。

お客様の要望で伸ばしてく事を前提にカット

長さは襟足をそろえる様にカットし、毛量がたまる所を間引く様に毛量調節して扱いやすいように切りました。

乾かすだけで手グシでスタイリング出来るようなバランスに仕上げました。

髪を伸ばしてる最中のお悩み是非ともご相談ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?髪を伸ばしてる最中もカットが重要です。

長さを変えずに髪をすくという事は伸ばしていくうえでもカットが必要になってきます。

髪をすくだけではなく、しっかり形をベースカットを整える事と的確な毛量調節が必要です。

髪を伸ばしてる最中のお悩み是非ともご相談ください。

 

 

記事を最後まで読んでくださって、ありがとうございます! ↓のLINE@で友達登録していただければ、新着記事や最新情報を無料でお届けいたします。 初めてご予約をお考えの方の髪型、髪質のお悩みのご相談もお受けします✨

友だち追加
おすすめの記事